東洋システム

会社の沿革

1972年
(昭和47年4月)
株式会社東洋システムを創立する。
1972年
(昭和47年7月)
山田浩之が代表取締役に就任する。
1975年
(昭和50年4月)
山武ハネウェル㈱の販売特約店となる。
1975年
(昭和50年5月)
槇繁が取締役計装部長に就任する。
1989年
(平成元年4月)
熊本営業所を開設する。
1991年
(平成3年6月)
加藤正清が取締役計装部長に就任する。
1994年
(平成6年4月)
北九州営業所を開設する。
1997年
(平成9年6月)
山田幸雄が取締役営業部長に就任する。
1998年
(平成10年10月)
山武ハネウェル㈱が山武ビルシステム㈱へと社名を変更し、山武ビルシステム㈱と特約店契約を締結する。
2001年
(平成13年6月)
槇繁が専務取締役に就任する。
2003年
(平成15年4月)
山武ビルシステム㈱が㈱山武・ビルシステムカンパニーへと社名を変更し、㈱山武・ビルシステムカンパニーと特約店契約を締結する。
2009年
(平成21年4月)
事業拡大による各部の編成を計る。
(旧名称)          (新名称)
総務部          総務部
営業部          営業技術部
計装部・計装課      計装技術部
計装部・メンテナンス課  環境技術部
2012年
(平成24年4月)
㈱山武・ビルシステムカンパニーがアズビル㈱へと社名を変更し、アズビル㈱と特約店契約を締結する。
2013年
(平成25年4月)
荒牧政博と上新哲夫が理事に就任する。
2014年
(平成26年12月)
事業拡大及び合理化を計るため、本社社屋を新築・移転する。